スハグラでの副作用を知っておこう

スハグラもED治療では、とてもよく利用されています。その安さなどからも、さらに利用をする男性は増えてきそうです。とはいっても、個人輸入で手にいれると、手軽とはいえ気になる点が副作用でしょう。

副作用についても知っておこう

副作用について、知っておくこともやはり服用を続けていく上では必要です。特に個人輸入をしていく上では、知っておかないと、ときには、重大な副作用を起こすかもしれません。
副作用については、次のようなものがあります。
顔のほてり、血圧低下、頭痛、胃の痛みや消化不良、また発疹等皮膚への影響などがあります。どれも、この薬を飲んでいる間に起こるものですから、効果が切れれば大抵は収まるはずです。大体は数時間、効果が続くものですから、その間副作用も続きやすくなるものです。
しかし、時にはそれが数時間以上続くようなときには、やはり服用をやめた方がいいでしょう。無理をせずに飲み続けることはやっぱり危険です。まずは、飲む場合には少な目から飲んでみて、副作用が出ないかを確認していくのがよいでしょう。
この薬は25、50、100mgとあります。他のED治療薬だと、25、50mgとなっており、これが一般的なようでもあります。なれていないうちは、他と同じ量を飲んでおき、そこから100mgにする方が良さそうです。もし、100mgを買っていたら、ピルカッターなどで半分にしてみるといいでしょう。

重大な副作用も起こすことも

狭心症などの心臓病でニトログリセリンなどの硝酸剤を使っている男性が、服用すると重大な副作用を起こして死に至る可能性もあります。また肝機能の障害がある男性も同様に重大な副作用を起こす可能性があります。
あと、心筋梗塞や脳梗塞を半年以内に経験した男性も、危険になることもあります。
あと、血圧も50~90mmHgの男性もやはり血圧が低いことで服用はリスクがあります。

まだ年齢が若い頃ならば、この薬をまずは飲んでみてから、副作用を確認するといった試しの行為もしても大丈夫でしょうが、中高年になってきたときには、その試しすら危険に繋がることもあります。服用前にはよく副作用についても知ってから、副作用をするように、また無理をしないように気をつけましょう。