スハクラがEDに効く仕組みとは

あなたは、そもそも何故EDになってしまうのかご存じですか。EDなんて年をとってから起こるものと思っていたら大間違いです。20代でも普通にEDは、発症してしまうものです。つまりは年齢には関係しないものなのです。

EDになってしまう仕組みとは

EDが起こる過程としては、次のようなことがあります。そもそも勃起自体は性的な刺激を受けると脳内から神経へ神経伝達物質が放出され、それにより血管が広がり、男性器の海綿体へ血液がたくさん流れることで、海綿体が膨張します。それが勃起として、男性器を大きくするのです。ところが
性的な刺激を受けたときに放出される神経伝達物質をPDE5という酵素が分解してしまうことがあります。すると、勃起に十分な血管が広がらなくなってしまい、それにより勃起をすふことができなくなります。勃起不全の薬は、このスハグラもPDE5という控訴の働きをさせなくなる効果があります。ED治療薬は、PDE阻害薬とも言われています。
ちなみに正常なときには、このPDE5は、性的な刺激が終わった頃のでてくるので、それによって勃起が収まるのです。本来はPDE5も体に必要な酵素ということなのです。
なんからの原因で正しく機能しなくなったのが、ED(勃起不全)と言えるのです。

ED治療薬の効く仕組みは

このような仕組みでEDになりますが、ED治療薬は、先にもあるように薬によってPDE5の働きをまずは抑えて、勃起ができるようになるのです。そして、セックスが終われば、PDE5が自然に働きはじめて勃起しなくなるのです。
このPDE5の効果を抑えるためにも性行為の前には、体にED治療薬が吸収されていないといけません。しっかりと飲むタイミングを把握しておきましょう。
なお、ED治療薬が働くと、ちょっとした性的な刺激でも、勃起しやすくなってしまうこともあります。これもED治療薬を飲んでいるためなので、服用を止めれば大丈夫です。ただ、軽くでも勃起してしまうと周りの目に触れると恥ずかしいですから、やはり注意も必要です。

EDのなる過程や、ED治療薬についても知っておくと、やはり治療も進めやすくなるでしょう。また、その他にもED治療薬やこの薬の場合にも飲み方や副作用も知っておかないと、案現には治療は、進められないはずです。ぜひ、いろいろな知識をつけていきましょう。